家庭用防犯カメラを買うならSDカード付きのものがオススメ

防犯カメラ

屋内用の家庭用防犯カメラで留守中の確認

緑の家

室内で使用する家庭用防犯カメラであれば、屋外型よりも導入しやすく、留守中の自宅の様子をチェックする目的でも使用できます。商業施設では天井に設置する本格的な仕様が多用されていますが、家庭用としてはテーブルの上などに置いて、遠隔操作でカメラの向きを変えるぐらいの機能で必要十分です。家庭用防犯カメラの中では駐車場用と並んで人気が高いカテゴリで、駐車場がよく見える窓の内側に設置すれば、屋内型でありながらも駐車場の監視カメラとしても役立ちます。
小さな子どもやペットの様子をチェックするためなら、カメラで全体を映せる位置を選ぶのが大切です。家庭用防犯カメラがあることを知られても問題はないため、安定して設置できる場所に予め固定しておき、外出先からスマートフォン等の端末で見てみましょう。大きなカメラで、上下左右にしっかり首を振れる機種の方が使いやすいから、店頭のデモ機を触ってみて、自分にとって必要な性能があるものを選ぶのがコツです。
機種によっては、付属のセンサーと組み合わせて、侵入検知をする家庭用防犯カメラにもなります。ただし、誰かが侵入した時点で、その箇所のセンサーと連動した防犯カメラが撮影するまでが主な機能だから、それ以上の防犯効果を求めるのならば、民間の警備会社との契約が必要になります。